やねうら王 V7.00リリースしました

やねうら王 V7.00をリリースしました。
前バージョン(V6.00系)からは、以下の改良がなされています。

やねうら王V7.00の実行ファイル(Windows/Mac/Android)は、やねうら王のGitHubのReleasesのところからダウンロードできます。
https://github.com/yaneurao/YaneuraOu/releases/tag/v7.00

10 thoughts on “やねうら王 V7.00リリースしました

  1. V7キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    リンク時最適化が何かは分かりませんが、2%程度upするんだ

  2. やねうら王 V7.00リリースと直接関係ないので恐縮ですが nodesと
    visitsの意味について お聞きします

    将棋所ではnodes(ノード数)を探索局面数と表示していますが
    囲碁アプリだとvisits(訪問数)がよく使われています 訪問数
    だとピンとこないのでvisitsも探索局面数(略称 探索数)と訳しても
    問題ないでしょうか やねさんの ご意見をお願いします

    • nodesは(やねうら王などでは)、do_move(指し手で局面を進めた)の回数になってますね。反復深化で探索するので(探索の末端以外では)同じ局面を辿ることは多々あるので、実際はnodesの数分の1ぐらいしか局面を調べてない(評価関数を呼び出していない)感じはあります。

      visitsは、新規接点(局面)を展開した回数でしょうね。おおよそ評価関数を呼び出した回数ですね。

      そんなわけでそれぞれ異なる計測をしている異なる概念ではあります。

      なので、アバウトに言うと、↓こうですね。
      nodes = 辿った局面の数
      visits = 調べた局面の数

  3. M1 Mac用のBuild optionはどのようになっていますか?手元でBuildすると 32Bit 対応(32OTHER)にしかならないのです。

  4. ふかうらおうのV7,00がつかえません。dlshogiはつかえています。
    trtのなかにevalファイルをつくりmodel.onnx
    と renameしました。あと設定でいじったのは、hashを10240にし、uct thred を3にしました。将棋gui では初期化エラー、将棋所ではHash table allocation: Windows Large Pages not used. とでます。なぜでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です