拡張USIプロトコル : 読み筋出力について

やねうら王で、読み筋が途中で途切れるという報告がときどきあるのだが、調べてみたら千日手だったり、宣言勝ちの局面での局面だったりして、なんとも…と言った感じだ。

また、詰みの局面でgoしたときにはresignなのだが、USIプロトコルではこれを読み筋として出力する手段がない。

そこで読み筋の出力を拡張する必要がある。

最新版のやねうら王(V4.67a)において、ConsiderationModeのときは、読み筋が千日手のときは読み筋の末尾に
“rep_draw” : 普通の千日手
“rep_sup” : 優等局面(盤上の駒配置が同一で手駒が一方的に増えている局面への突入。相手からの歩の成り捨て~同金~歩打ち~金引きみたいな循環)
“rep_inf” : 劣等局面(盤上の駒配置が同一で手駒が一方的に減っている局面への突入)
読み筋が宣言勝ちのときは読み筋の末尾に “win”
投了の局面で呼び出されたとき読み筋として “resign”
を出力するようにした。

将棋所では読み筋に指し手としてUSIプロトコルで規定されていない文字列が入っていた場合、それをそのまま出力する処理になっているので、これらの文字列がそのまま出力される。

残念ながらShogiGUIではその場合、何も出力しないようだ。エラーハンドリングがきちんとなされているお行儀の良いソフトとも言えるのだが、とりあえず出力されて欲しいし、出来れば【千日手】とか【優等局面】とか【宣言勝ち】とか表示されて欲しい。

一応、ShogiGUIの掲示板で要望として書いておいた。対応してもらえるかどうかは知らん。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です