『水匠』の何が強かったのか?

昨年の世界コンピュータ将棋オンライン大会で優勝したソフト、水匠。

大会では、水匠は探索部にmブランチを用いて、かつ、スリッパ(AMD Ryzen Threadripper 3990X)を使用していました。そのせいか、「水匠が優勝したのは、mブランチとスリッパのおかげだろw」と言う声がなくもありません。

今回は、それが真実なのかを検証したデータを公開したいと思います。

36.sfen(floodgate上位ソフトの36手までの互角局面集)の 12手目から開始。

なんと、持ち時間を2スレ1秒、2秒、4秒と増やしていくとR差が拡大していくではありませんか!(水匠が大きく勝ち越すようになる)

// 水匠 vs tanuki-WCSC28
// 36.sfen 12手目から
// 探索部やねうら王V5.31で計測

T2,b1000,1629 – 141 – 1230(56.98% R48.81[38.01,59.6]) winrate black , white = 48.55% , 51.45%
T2,b2000,1658 – 170 – 1172(58.59% R60.26[49.36,71.17]) winrate black , white = 51.84% , 48.16%
T2,b4000,763 – 88 – 479(61.43% R80.88[64.22,97.53]) winrate black , white = 51.93% , 48.07%

これ、本番環境(大会用のPCスペック)ですと、すごく大きな差になりかねないですね。まあ、20手目ぐらいまでは定跡で抜けるでしょうけども、それにしてもえらい発見です。

// 36.sfen 24手目から
T2,b1000,1617 – 119 – 1264(56.13% R42.79[32.06,53.51]) winrate black , white = 53.45% , 46.55%

// 36.sfen 36手目から
T2,b1000,1535 – 119 – 1346(53.28% R22.83[12.16,33.49]) winrate black , white = 51.23% , 48.77%

やねうら王互角局面集の24手目からの計測だとtanuki-のほうが+R10ぐらい強かったのですが、今回はまったく違う結果となりました。

今回の検証で、水匠の評価関数は、強いソフト同士で現実的に起こりうる局面に対してはめっぽう強いということがわかりました。

2 thoughts on “『水匠』の何が強かったのか?

48 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です