WCSC27はelmoが優勝

WCSC(世界コンピュータ将棋選手権)決勝日は、elmoの全勝優勝で幕を閉じた。今後数年は無敗を誇るのではないかと言われたPonanza Chainerに予選2日目、決勝日の2回当たり、どちらもelmoが勝利。


その思考エンジンには、やねうら王が(ほぼそのまま)使われているらしく、elmoの評価関数についてはすでに公開されている。導入手順などは次の記事を参考にして欲しい。

やねうら王 セットアップ質問スレッド

とりあえず、私もドヤ顔で上のツイートしといたけども、実際のところ、やねうら王はAperyや魔女、Stockfishなど多くのオープンソースのソースコードを参考にさせていただいている。それらに関わっている多くの人に感謝している。例えば、今朝のやねうら王のコミットも、Aperyのソースコードを見ていて気づいたところを改良したものだ。

また、やねうら王の開発思想として技巧の出村さんに影響を受けているところが大きいし、開発手法は、たぬきの野田さんに依るところが大きい。

やねうら王は実に多くの優秀な人たちに支えられて育ってきたプロジェクトである。やねうら王の開発に関して、私一人の手柄にするつもりは毛頭ない。elmoの今回の優勝にやねうら王が大きく貢献しているのだとしたら、それはelmoが多くの人に支えられて優勝できたということだと思う。

そして同時に、横並びだった、やねうら王チルドレン勢で評価関数と定跡ファイルだけで大幅に棋力を伸ばしたelmoの作者の滝澤さんには盛大な拍手を送りたい。


WCSC27はelmoが優勝” への8件のコメント

  1. 3番手グループかと思っていましたが、1位になる能力を秘めていたんですね。僕は肩書に弱くて、チルドレンが1位になったことで、やねうら王を見る目が変わりました。期待しています。

  2. 人間に置換したら、元々素質はあって知識の効率上げたら超強くなったって感じなんでしょうか。
    大波乱ですね。おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です