やねうら王 NNUE型評価関数ビルド V4.82公開しました

『将棋神やねうら王』のマスターアップが近くて死にそうです(´ω`)
発売日は延びたものの、お盆を挟むので、マスターアップの日はあまり延びてません。

NNUEというのはWCSC28でtanuki-チームが使用していたニューラルネットワークを用いた新しいタイプの評価関数です。

このNNUE型評価関数用のやねうら王の実行ファイル用意してなかったので用意しました。

やねうら王のGitHubのreleasesのところからダウンロード出来ます。

Ryzen環境やAVX2以外のCPU、no sse環境など、うまく動いているか自信ないです。動かなければコメント欄でコメントをお願いします。

やねうら王 NNUE型評価関数ビルド V4.82公開しました” への11件のコメント

    • ソースコード、追いかけてないのでわかりません…。とりま書き出してみて、ゼロクリアされているかバイナリエディタ等で見てみればいかがかと…。

  1. バグ?の報告です。
    学習をさせようと思い、コマンドを入れたのですが、
    20分後にはコマンドプロンプトが消えていて、学習もされていません。
    コマンド
    YaneuraOu-2018-Otafuku-learn-NNUE.exe threads 4 , hash 1024 , evaldir eval , evalsavedir new_eval , evalshare false , learn save_only_once batchsize 300000 eta 0.1 lambda 1.0 eval_save_interval 500000000 loss_output_interval 1000000 mirror_percentage 50 nn_batch_size 10000 eval_limit 32000 targetdir 教師データ , quit

          • 原因かどうか分かりませんが、本来、容量は3000000kbと表示されるはずなのに、3000000としか表示されていませんでした。
            何か関係はあるのでしょうか。

  2. 4.82_NNUEとorqhaを組み合わせてGCEで検討していたのですが、最近たまにはゴージャスに検討してやろうと96コアにしてメモリも64GBくらいに設定しました。
    しかし初期化エラーが出て起動できませんでした。

    徐々にメモリを減らしていったところ40GB位だと起動できて、そこら辺に壁があるみたいでした。コア数を変動しても同じく40GBくらいまでしか起動できませんでした。
    4.82_KPPTだとメモリ64GBでも起動できたのでNNUE版の問題だと思うのですが、何が原因なのでしょうか?

      • gceではubuntu 16.04でソースファイルをダウンロードしてmakeしてから、puttyを通してリモートで自宅のPCで検討しています。
        リモートだとラグが大きすぎてある程度以上メモリの読み込みに時間がかかるとはねられるのでしょうか?

        • PuTTYのKeep Aliveの設定で一定秒数の通信がないときに自動切断するようになっているだとか、ブロードバンドルーターのKeep Aliveの設定が短い秒数になっているだとか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です