やねうら王を AWS Lambda で動かす件

AWS Lambdaでやねうら王を動かせたそうなので記事にしときます。

AWS Lambdaで動かせると何が嬉しいのか、私はいまひとつわかってないのですが、例えば、Serverless Framework を利用して API Gateway経由で呼び出せる(らしい)ので、AWSで事前にインスタンスを立ち上げて使うようなやり方ではなく、必要なときに必要な数だけ呼び出して使えるということですかね。

名人戦の実況BOTのようなものを作るときに、名人戦の期間中しか思考エンジンを使わないので、インスタンスを立ち上げっぱなしだとずっとお金がかかるので、それが防げたり、あるいは、オンライン対局サーバーのようなものを作ったときに、複数ユーザーが同時に棋神ボタンを押したときに固定数のインスタンスだと処理が追いつかなくなるので、そういうケースでもきちんと対応できるのがメリット…なのかな?(違ってたらコメント欄で教えてください)

やねうら王を AWS Lambda で動かす件” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です