isready後のkeep alive用改行コードの送信について

やねうら王、先日のGitHubへのコミットでisreadyの後に時間がかかる時に改行コードを送信するのをやめたのですけど、これだと将棋所でもタイムアウトになることがあるらしいのです。

isreadyはそもそも時間のかかる初期化を行うためのものなので、これがいくら時間がかかろうとタイムアウトになるのはなんだか解せないのですが…。(USIプロトコル上でタイムアウト時間が規定されているわけでもないのに)

まあ、そうは言ってもいまどきのPCは大量にメモリを搭載していてもおかしくなくて、そのメモリクリアに時間がかかるのも仕方なくて、それでタイムアウトになるなら、もうこれはkeep alive用の改行コードを思考エンジンから送るしかないわけです。

そんなわけで、これに関してはロールバックするとします。(以前書いたコードを綺麗に書き直して、同機能を実現するようにします。)

■ 2020/03/08 22:20追記

本修正を行い、GitHubのほうに反映しました。

https://github.com/yaneurao/YaneuraOu/commit/85641d460a2aa049f0f73a5386a7e3720b5c619d

■ 2020/03/09 1:00追記

isready悪くなかった!?

■ 2020/3/9 18:30追加

2 thoughts on “isready後のkeep alive用改行コードの送信について

  1. いや、まだだ。まだメモリの初期化が終わっていない。
    全体の初期化は終わったが、この量ではまだ足りない。もっと増設はできないのか?
    みたいなready perfectlyのアレw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です