perft10の結果が間違っていた!?

やねうら王miniの指し手生成部にバグが発見されたのでperft10の結果が間違っていた可能性が出てきました。ごめんなさい。m(_ _)m

協力詰めsolverのほうには、やねうら王miniのソースコード(となるであろうもの)が使われていて、そちらはすでに結構な人数の人が使って(遊んで)いるようで、もうこのまま放置しておいても誰かが強い将棋ソフト完成させるんじゃないか、ぐらいの勢いなのですが、その勢いもあってか、指し手生成部のバグが発見されました。

なんと、敵陣からの銀の移動時に成りを生成してませんでした…。(‘ω’) うわあああああああああ

先手のほう、76歩、22角成、31馬、XX銀打(敵陣への銀打ち)、XX銀成で銀成が出てくるので…perft10の結果が怪しくなってきました。どうもスミマセン…。

やねうら王miniの指し手生成部は、世界最速の指し手生成速度を誇ります。(たぶん)

また、王手となる指し手生成も可能で、これまた世界最速だと自負しております。(たぶん)

このあと、世界最速の1手詰め判定ルーチン(Bonanzaの5~10倍速)を搭載する予定でございます。(たぶん)

どうか、このやねうら王miniを改造して、世界コンピューター将棋選手権のほうにやねうら王mini旋風を巻き起こしていただけると幸いです。なお、電王トーナメントのほうは、賞金がかかっているのでお手柔らかにお願い申し上げます。m(_ _)m


perft10の結果が間違っていた!?” への10件のコメント

  1. オプソにしてよかったじゃないですか。
    そういう集合知こそ資産ですよ。
    出るバグは討たれる。健全です。

    • 銀の敵陣からの成りが9手目までに出てくるなら関係しますね…。

      少し考えてみるに..96歩、97角、31角成、53銀打、52銀成みたいな変化で出てくるんですかね。うわー。

  2. サンタさん達、大活躍でありますなあ。

    ちなみにperft10で世界記録をねらうより先にやねうら王miniを完成させませんと、きふわらべさんが困りますかね。

  3. > どうか、このやねうら王miniを改造して、世界コンピューター将棋選手権のほうにやねうら王mini旋風を巻き起こしていただけると幸いです。

    参加申込期限は2016年1月31日(日)です。

    • >・・・私はこれをずっと不可能だと思っていたのだけど、AVX2とByteboardとを組み合わせることにより突如、道が開けた。

      「これ知ってるの、世界で俺だけだもんね、、、。」という感覚。
      常識にしばられて「不可能だ」と思っていた事が実はそうではなかった、、、ということを発見した時の爽快感ときたら、、、。
      「ハッカーズハイ」とでも言うようなものなんでしょうね。

      https://twitter.com/yaneuraou/status/687490117624172544?ref_src=twsrc%5Etfw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です