やねうら王nano/miniの評価関数バイナリの公開

CSAの将棋ライブラリとしてやねうら王nano/miniの評価関数バイナリが公開されました。

CSA 将棋ライブラリ
http://www.computer-shogi.org/library/

CSAのサイトのほうで公開しているソースコードのほうは古いソースコードなのでなるべくならGitHubのほうにあるソースコードを使っていただきたいのですが、今年の5月の世界コンピュータ将棋選手権で使えるのは、1月31日までに公開されたものなので、そちらをベースにしてGitHubのほうのソースコードを参考に修正するなりなんなりしていただければと思います。

やねうら王nanoは1コア探索で、αβ以外の枝刈りを使わないという大胆なサンプルコードとなっています。Search関数自体はコメント行を除くと100行程度しかないので初心者にも易しく読めて改造のためのベースと出来る教育的なコードとなっています。

やねうら王nanoは、floodgateに放流している人がいて、それを見るとR1700程度のようです。

いくらなんでももう少し強くなるだろうと思って、さきほど探索部を少し調整して、かつ、定跡を追加してみました。前のバージョンには3分切れ負けにおいては8,9割ぐらい勝ち越すようです。(長い時間だと少し勝つぐらい?)

定跡ファイルは
doc/nano-book.sfen
なので、これを実行ファイルと同じフォルダに配置するとこの棋譜を読み込んでシャッフルしてから置換表に登録するのでこの棋譜の指し手がランダムに指されるという簡単実装となっています。

とりあえず、やねうら王nanoはR2000ぐらいになるところまで頑張ってみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です