「Ponanzaの80億局面」の80億の根拠とは?

という質問が電波に乗ってゆんゆんとやって来ていましたのでお答えします。

Ponanzaチームの下山さんに以前聞いた話では、Ponanzaで学習局面を増やしていき、棋力がサチる(飽和する)のがそのへんだったとのこと(実験の仕方によってはもっと早い段階でサチることもあったとのこと)で、まずは数億局面を生成してSGDで学習するところぐらいから始めてみては?みたいなアドバイスを受けました。

たぶん数億局面と80億局面とで勝率の差は数%あるかないかぐらいの話なのだとは思います。

皆さんも、あまり80億局面という数にこだわらず、せっせこ雑巾を絞って参りましょう。


「Ponanzaの80億局面」の80億の根拠とは?” への3件のコメント

  1. ポリエステルを芯材としたPVAスポンジは絞ると楽しいですけど、まだ雑巾ですか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です