王手将棋用評価関数ファイルV4を公開しました

V3にも必勝手順が発見されてしまった。

とりあえず、V3からR300ほど強くなったV4を公開する。

王手将棋用評価関数ファイルV4
https://drive.google.com/open?id=0Bzbi5rbfN85NcTIzaFVKU0ZfNU0

※ 駒得のみの評価関数(R2400相当) → 真やねうら王の評価関数(+R150) → V1(+R300) → V2(+R340) → V3(+R410) → V4(+R300) = R3900相当

もしかすると、「まだR1000ぐらい簡単に上がるんでしょ?」とか思われているかも知れないが、たぶんもうR200すらも上がらない。というのもどうも、やねうら王手将棋は先手の必勝定跡を自力で見つけつつあるようだからだ。(思考時間によって指し手が異なるので100%必勝定跡を指すわけではないが…)

仮に、先手番のときに必勝定跡を5割の確率で指すソフトがあったとして、神様を連れてきても後手番の勝率は5割以下にしかならないし、神様は先手番では100%勝つとして、神様でもトータルで75%しか勝てないことになるから、そのソフト+R190が神様のレーティングとなる。

このように、もういくらも伸び代がない。

そして先手番のときに100%必勝定跡を指すようにするために、電気代があといくら必要か想像もつかない。もうそろそろgive upだ。(私が)


王手将棋用評価関数ファイルV4を公開しました” への14件のコメント

  1. 必勝定跡(らしきもの)を、片っ端から定跡登録して、必勝じゃないと判明したら外す、みたいなことをすれば100%必勝定跡を指すようになるのでしょうか?

  2. ソフト先手8スレ10秒で7局指しました。
    初手26歩は先手から見て2勝0敗、初手76歩は先手から見て1勝3敗です。初手26歩の方はかなり先手必勝に近づいていると思います。※今のところ角道を止めなくなっている。
    初手76歩は以下の展開になることが多いです。
    先手:YaneuraOu Check Shogi KPPT 4.14 64AVX2
    後手:人間
    ▲7六歩△4二金▲2六歩△6二銀▲4八銀△3四歩
    ▲6八金△8八角成▲同 銀△3三桂▲6六角△4五桂
    ▲2五歩△3五歩▲2六飛△3二銀▲1六歩△7四歩
    ▲2四歩△同 歩▲同 飛△2三歩▲7四飛△7三桂
    ▲2七歩△2八角▲1八香△1九角成▲1七香△2九馬
    ▲5八金寄△4六桂▲同 歩△7四馬▲6九桂△8九飛
    ▲7九銀△同飛成▲1五歩△6九龍
    まで42手で後手の勝ち

    後手が23歩と打った局面で探索局面数が1億9千万ぐらいまで先手850点プラス評価で2億までいくとマイナス評価になっていました。一手10秒だとこの変化を回避するのは大変かもです。

  3. Rの上がり方がパないですねw。そろそろ限界なんでしょうか。ここまできたら先手必勝まで見てみたい気もしますが・・・
    関係ないですが、
    ソースのマクロ定義がCHECKじゃなくてCHCECKなのが気になりますw。
    #ifdef CHCECK_SHOGI_ENGINE

  4. やねうら王手将棋が神様になるんですね。わかります。
    でみごっど・やねうら王手将棋をあがめよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です