王手将棋用評価関数ファイルV5を公開しました

前回からさらにR200ほど強くした。

王手将棋用評価関数ファイルV5
https://drive.google.com/open?id=0Bzbi5rbfN85Na3ZOeE5zNUZpNkE
※ 駒得のみの評価関数(R2400相当) → 真やねうら王の評価関数(+R150) → V1(+R300) → V2(+R340) → V3(+R410) → V4(+R300) → V5(+R200) = R4100相当

計測は1秒4スレッドで行っている。この条件だと、V5同士やらせた場合でも先手で20%ぐらい負ける。先手必勝定跡には至っていないのだろう。時間を長くするとまた違ってくるのかも知れないが、そこまで計測出来ていない。

残念ながらV4に対しても先手番なのに若干取りこぼすようだ。ということはまだ強くまる余地があるのだが、評価関数の表現力的にそろそろ限界が近いようで雑巾がうまく絞れない。


王手将棋用評価関数ファイルV5を公開しました” への7件のコメント

  1. 将棋の歴史パワーで一足飛びって感じがしますね。
    まだ先があるのは喜ぶべきなのか嘆くべきなのか。
    ・・・チープラーニング(ボソっ

  2. ソフト先手8スレ10秒で指しました。
    先手:YaneuraOu Check Shogi KPPT 4.14 64AVX2
    後手:人間
    ▲7六歩△4二金▲2六歩△6二銀▲6八金△3四歩
    ▲4八銀△8八角成▲同 銀△3三桂▲6六角△5二金上
    ▲7七桂△4五桂▲2五歩△3五歩▲2六飛△3二銀
    ▲1六歩△7四歩▲2四歩△同 歩▲同 飛△2三歩
    ▲7四飛△7三桂▲2七歩△2八角▲5五角△1九角成
    ▲5八金上△3七桂成▲同 桂△同 馬▲同 銀△4八香
    ▲同 金△3六桂▲同 銀△同 歩▲5八角△3九銀
    ▲6九玉△4八銀成▲1五歩△5八成銀
    まで46手で後手の勝ち

    終盤の寄せは、やねうら王手将棋V3が発見した手順を拝借しました。

  3. 人間先手8スレ10秒です。
    先手:人間
    後手:YaneuraOu Check Shogi KPPT 4.14 64AVX2

    ▲7六歩△4二金▲2六歩△6二銀▲6八金△8四歩
    ▲2五歩△8五歩▲2四歩△同 歩▲同 飛△8六歩
    ▲同 歩△同 飛▲4八銀△1四歩▲1六歩△8七飛成
    ▲1七桂△7二金▲2五桂△7六龍▲7八歩△2三歩
    ▲同飛成△8三歩▲3三桂成△同 桂▲同角成△同 金
    ▲2二龍△1五歩▲3一龍
    まで33手で先手の勝ち

    V5では初手76歩は人間が勝ちやすく、初手26歩はソフトが勝ちやすい感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です