【お詫び】やねうら王のブラウザ版はいつ完成するのか?

以前、私は「やねうら王のブラウザを作ります!」とツイートしたことがある。いまだ完成しない、どいうことなんだ、この詐欺師野郎とか、定期的になんとかちゃんねるに書きやがる輩がいるんだが、それに対してまずは期待して待ってくれている皆様にお詫びしたい。

しかしやね。そのツイートをした直後にBonanzaをブラウザで動かした人が現れたわけ。C++のソースコードをJavaScriptに自動的に変換する黒魔術みたいなのを使って。でも評価関数の読み込みにとても時間がかかるし、そもそもそのサイトのこと、知ってる読者おる?ほとんど、おらんでしょ。知ってたとして、恒常的に使ってる?使ってないでしょ。つまり、技術のプレゼンテーションとしては意味があるけど、将棋ファンにとってはそんなもの作っても無意味だってことだと思う。

だから作るならせめてエンジンはサーバーサイドで動いていないといけない。そのためにはサーバーの運営費要るよね。メンテ要員もいるよね。これ企業案件だとしたら月額保守料もらわないとやってらんないよね。だからサイト内に広告出すか何かしないと継続してサイト運営するの難しいんじゃないかな。「ブラウザ版できました、でも翌月閉鎖しました」では何やってるかわからないじゃん?

広告収入でまかなえるようにしようと思うと末永く使ってもらえるサイトにしないといけない。そのためにGUIの画面素材とか要るよね。サーバー側とクライアント側の製作費用どれだけかかるのか。これ企業案件だとしたら、300万円〜1000万円ぐらいだと思うんだよね。実際、これを構築するために、私は500万円ぐらいの予算は用意していたし、500万円かかるのは別に構わないんだけど、でも500万円だよ?この500万円をCSA(コンピュータ将棋協会)とか日本将棋連盟に寄付したほうがよっぽどコンピュータ将棋の進歩につながると思わない?

そんなことを考えていたら、マイナビさんからやねうら王の商用版を出さないかという話が来て(2017年上旬)、ああ、こりゃいいわい。そこで作ってもらったGUI素材をそのまま使わせてもらえたら、ブラウザ版を作るコストダウンが図れるし、GUI側をJavaScript(Electron)で書けば、それをある程度使いまわせるぞと。

それで、JavaScriptで作り始めたわけだけども、ところが、Electronの完成度が低くて、メンテナンス性などを考えるとこれを製品版のクオリティに持っていくのは現実的ではないということが徐々にわかってきて。それで急遽C#で書き直して現在に至ると。

まあ、結論的には、いつでも機会があればブラウザ版の開発に取り組みたいと思っているし予算も用意しているが、そこそこ開発リソースも要るし、サイト自体を継続的に保守していくためには、そこそこ集客できないといけないので、そのへんの枠組みをしっかりと見据えてからしかスタートできないというところかな。

とりあえず、来年以降、マリオメーカーの将棋版のようなサイトを作ろうと思っている。そのサイトを育てていく過程で、CPU対局、オンライン対局などが出来るようにしていきたいと思っている。(これらは誰かに対して約束するものではありません。できてなかったからと言って、俺のこと詐欺師呼ばわりとか絶対すんなよ。絶対にだ!)

【お詫び】やねうら王のブラウザ版はいつ完成するのか?” への3件のコメント

  1. クライアントサイドは responsive-kifu 使ってほしいなあ。成仏させてほしい。
    https://github.com/Responsive-Kifu
    将棋DB2の作者さん(たぶん。推定)がメンテナーまでやってくれているんですが、私が他のプロジェクトに時間取られて絶賛放置中。
    本当は、適当な将棋データベースと接続させて局面検索機能まで持たせるつもりでした。

    スポンサーというか、何らかのマネタイズの手段を用意しておかないとフリーなプロジェクトってこうなっちゃうんですよね。

    • 棋譜や指し手・局面の内部表現が異なると結局、それらをサーバーと送り合うときに変換が必要なので、その変換部分を書くぐらいなら、一から書いたほうがよほどすっきりするような…。

      • 私は、割と使える部分は使うタイプです。

        本職でないので、楽できるところは楽しちゃおうとするんだと思います。

        上のヤツでも某放送局のデータフォーマットが検索向きだと思ったので、そのまま残し、汎用性持たせるために簡単な kif 形式ファイル読み込み機能を追加、内部で kif → nkif (勝手に命名)変換を施しています。

        私の棋力なんてアマチュア底辺もいいとこなんで、プログラム自体が高速に動かなくてもいいから(局面表現が冗長であってもいいから)、お勉強用に似たような局面を探しにいってくれた方が役に立つと思ってそういった設計にしてます。

        やはりファンは(特にやねうらお氏には)「強い」将棋ソフトを期待しちゃうんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です