やねうら王チーム、WCSC29参加申し込みしました

やねうら王チーム、WCSC29(第29回 世界コンピュータ将棋選手権)の参加申し込みしました。

いまだ新しい評価関数がelmoより強くできてませんが…。ほんと、どうなってんの。ゲロ吐きそうです。

それはそうと、SDT5(第5回 将棋電王トーナメント)のとき、やねうら王が予選落ちしたのは、大会直前まで私が馬鹿将棋に開発中のソースコードをGitHubのほうにコミットし続けて、そして評価関数の学習部で他と差をつけられなかったのが敗因だと思っております。それを踏まえると、大会で上位に食い込むには、大会までソースコードや学習方法を秘匿しつづけるのがベストです。おそらく他のチームは昔からそんな感じなのだと思いますが…。

しかし、そうするとSDTが終了してしまった現在、全体的な情報の共有が年に一度しか行われないことになってしまい、コンピュータ将棋の進歩にブレーキがかかるのではないかと懸念しています。まあ、ブレーキがかかったところで誰も困りはしないのでしょうけども。

とりあえず現場からは以上です。

やねうら王チーム、WCSC29参加申し込みしました” への9件のコメント

  1. R4000 elmo(WCSC27) ← やねうら王、新しい評価関数いまここ
    R4150 やねうら王(SDT5)
    R4200 やねうら王探索部 + Apery(SDT5)
    R4250 tanuki-(将棋神やねうら王 収録版)
    R4350 tanuki-(将棋神やねうら王 収録版)から探索部を調整
    R4500 AlphaZero ← WCSC29の上位チームはこれを超えてくる

    ゲロ吐きそう…。

  2. 序盤が気になるんですけど。AlphaZeroは相掛かりが多いみたいですけどWCSC29もそうなりそうですか?まだそんな話できる状況ではない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です