最新の将棋ソフト、1秒間に何手読んでるのか

標題の動画の件です。普通、皆さん将棋ソフトの探索速度はNPSを参考にされてると思うんですけど、そのNPSの計測基準はまちまちであり、内部実装を詳しく知らないと比較すら難しいという話です。

この動画、元奨励会三段のあらきっぺさんからも評価が高いです。

結論的には、探索ノード数(Nodes searched)と訪問ノード数(Nodes visited)を区別しましょうということなんですが、思考エンジンのソースコード見ないとそんなことわかんねーよという話でして。

まあ、こんな感じでYouTubeのやねうら王公式ちゃんねるは、わりと初心者受けしそうなタイトルで釣って、内容が将棋ソフトの開発者でも知らないようなマニアックな解説を垂れ流していくいまの路線のまま突き進んでいこうと思っています。

あとは、将棋ソフトの大会スペックと家庭用PCとではスペックが大きく異る(場合がある)ので、そのへんについても今後動画で解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。