電王戦 第三局のPVがアップされました

私のあまりの過激発言に、PVがお蔵入りしてしまったのではないかと噂されておりましたが、本日PVがアップされました。

あのインタビュー内容をこう仕上げるのかと感動しました。佐藤映像、実にいい仕事しています。

そういや、電王トーナメントに出る前のインタビューでは、ちょうど私のやる気メーターがゼロ(マイナス?)になっているときだったので、すごく低いテンションで受け答えしてしまったのに、PV映像では私のテンションがすごくあげ↑あげ↑な感じに編集されていて、これがプロの仕事かとマジで驚きました。

あまり、そんなことばかり言うと、

「お前に映像編集の何がわかるのか!?」

と怒られそうでありますが、15年ほど前、某ギャルゲーのメーカーでプロデューサーの仕事をしていたとき、ショップ用の販促ムービーをAfter Effectsで作っていたのが私です。メッセサンオーなどで流れておりました。

あと、インタビュー内容の続きは、明日以降の記事で書きます。もう過激発言はあまり残っていないのですが、内容的には興味深いことも含まれていますので楽しんでもらえるかと。


電王戦 第三局のPVがアップされました” への28件のコメント

  1. 菅井竜也五段に貸し出した習甦のおもてなし定跡は喜ばれるのに
    稲葉陽七段に貸し出したやねうら王のおもてなし定跡が喜ばれないのは何故ですか?
    意味がわからないのですが?
    妖怪のせいですか?

    • やねうら王の定跡には習甦ほどのランダム性がなかったのがよろしくなかったのかも知れませんね。習甦の定跡がどれくらいバラけるのかは知りませんが。

      • なるほどランダム性の問題ですか

        習甦が質のよいプロの定跡(ゴミプロ排除)を使っていて
        やねうら王がゴミプロの定跡を使っている可能性とかはないですか?

        • 2014年12月16日のブログ
          後手の初手42玉とか62銀とか、本当、これを指したやつをゲンコツしてやりたい。

          たぶん、習甦とやねうら王とでは定跡の生成のために使っている棋譜の質が違って、やねうら王のほうは結構ゴミのような棋譜も混じっている。4手目で角を素抜かれる棋譜だとか、二歩反則負けの棋譜も混じっていたりする。そのへんが根本的な原因のような気もする

          ゴミプロじゃないですね。
          プロの中でのゴミ定跡と言った方がわかりやすいでしょうか?
          プロでも大失敗の棋譜とかがあるのかと思いました。

          • 評価値がベストの指し手のスコアからかけ離れているものは採用しませんので、そこまでひどい指し手は採用してないつもりではあるのですよ。

            しかし、その採用するときの幅が狭くしてあるので、横歩取りなど深く読まないとわからないような局面での指し手として古い定跡の指し手が選ばれることが多かったりして、そのへんが「おもてなし失敗」している理由なのかなと推測します。

          • ご回答ありがとう御座います。
            当日、きぐるみのくまをカブったやねうらさんを見てみたいです。

    • やねさんの話し方のせいじゃないですかね。同じ内容を話しても2ちゃんねらーみたいな話し方じゃなく、もっと畏まって恭しく重々しく慇懃に話せば反応は違ってたのかもしれません。あとTシャツじゃなくて和服を着るとか。

  2. やねうら王が電王戦で戦うのもこれが最後になりますね。電王戦の前にみんなでやねうら王の特徴を思い出してみましょう。

    やねうら未来定跡
    やねうら王は人間が考えだしたいかなる定跡も搭載しない。コンピューター自らが序盤で長時間考えることにより、生み出した独自の定跡(やねうら未来定跡)を使用。

    やねうら未来学習メソッド
    やねうら王は人間が生み出したいかなる棋譜も参考にしない。棋譜からの学習(評価関数のパラメーターの学習)のために人間の対局棋譜を用いていない。自己対局棋譜からのみ評価関数のパラメーターを学習する。

    やねうら未来探索メソッド
    やねうら王は従来のいかなる将棋ソフトの流れも汲まない。

    実装無理だったんでしたっけか??

    • やねうら未来定跡 → やってみたけどあんまり出来がよくなかった(気がした)
      やねうら未来学習メソッド → そこそこやってみた&ひまうら王の実験でさらに徹底してやるつもり
      やねうら未来探索メソッド → 探索部においてはほぼ過去の将棋ソフトは参考にしていないつもり。Stockfishは大いに参考にしてますが。

  3. 人類軍の2連勝でCOM君追い込まれての、次の「五稜郭の戦い」が天王山です。

    やねうら王も「勝たせてあげたい」などと油断していると足をすくわれますよ。

    ここは塚田9段を見習って「最低限でも引き分け」と行きたいものであります。

  4. 私も一応は職業プログラマーなので、
    電王戦はソフト側応援です。

    世間話になってしまいますが、やはり将棋の世界でもソフトに対する風当たりは強いですね。
    Apery、Seleneの一件で痛感しました。
    私は工作機械系のソフトの開発をしていますが、
    やっぱり現場・客先ではハード・機械様でソフトはおまけ感がヒシヒシと伝わってきます。
    ソフトは実体が見えないので、興味のない人には価値を見いだせないのはしょうがないのでしょうね。。。

    なので、将棋の世界で戦ってらっしゃる皆さんは尊敬します。
    特にやねうらおさんの言動は痛快です。

    おっさんの戯言でした。

    やねうら王頑張ってください。
    応援しております。

  5. 磯崎さんのPVでの発言は煽りと取られる物が含まれていますが、
    棋士の人格を否定したり、容姿に暴言を吐いたりしてないので問題ないと思うんですよ。

    そもそも電王戦の図式は「棋士(人間)に対する異分子(コンピュータ)が挑戦するもの」と私は個人的に捉えています。
    そこで起こりうる挑発ともとれる煽りがプログラマーサイドから有っても、逆に良いじゃないですか。

    だからこそ電王戦は将棋ファンやコンピュータ将棋ファンから人気を博していると思います。
    優等生な姿勢でこんにちまで開催していたら、逆にどうなっていたんでしょうねぇ。

    磯崎さん、電王戦までにやねうら王のキャラクターパネル(女の子の)を用意しておくのも良いんじゃないですか?
    退場時にクマのぬいぐるみじゃ絵にならないですしね(笑)

  6. 出来上がったPVは思ったより煽りがマイルドだし、それでいて出来は良かったし(特にBGM)、なんか肩透かしを食らった気分でした。佐藤映像さんGJ・・・かなぁ。

    あ、函館にお越しの際はラッキーピエロというハンバーガー屋さんのチャイニーズチキンバーガーがおいしいので、野菜しか食べないとかでなければおすすめです。
    確か五稜郭のすぐ近くにもあったはず。宿泊は湯の川かもしれませんがそっちにあるかどうかは知りません。

      • 寒い中わざわざ買いに行かれて体調崩されてしまっては大変ですので、あまりご無理はなされませんように。
        一番いいのはドワンゴさんがここ見てて当日の夕食にでも出してくれればいいんでしょうけれど。
        当日も朝晩は冷え込みそうなので、どうかご自愛ください。

  7. ソフトの攻撃の手を棋士が読めない場合は(攻撃に対する対策ができないので)その後に「こんな所から攻撃するのか!するどい」となる。

    ソフトの防御(相手の攻撃の邪魔)の手を棋士が読めない場合は例えばソフトが「右側から飛車で攻撃されたらやばいやん。対処せねば」みたいに防御しても、プロ棋士がその攻撃方法を読めない場合は「ソフト何やってんだ?」みたいになる。

    やねうら王は何故か後者がしょっちゅう発生してひねくれているという評価がされるという予想をしています

  8. 悪魔じゃなかった!
    棋譜がひねくれてるのは昭和の人間の血が混じってるからじゃないでしょうかね。
    あの時代の人滅茶苦茶ひねくれてましたからね。
    エンシェントの逆襲だと思って現在の人にはあきらめてもらうことになるんでしょうか。
    なーんて。
    いいPVでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です