『将棋神やねうら王』Update2までの遊戯施設

『将棋神やねうら王』に対する要望をたくさん頂戴しているのだが、ブログのコメント欄(あちらこちらの記事)、メール、ブログからの感想フォーム、ツイッター、GitHubなど、異なる媒体からもらうと、同じ要望を何個ももらうことになり、返信が大変である。また修正済みのバグに対するバグ報告も混じっていたりするのでなおさら管理が大変である。そのへんで私が時間を取られて肝心の開発が進まないのでは本末転倒である。

そこで、Update1.3以降の、Update2までのバグ報告、要望などは、なるべくこの記事のコメント欄を使うようにお願いしたい次第である。また開発中の内容・修正された内容などに関しては、WIPのほうをご確認いただきたい。

以下には、開発中の実行ファイルを定期的に(2,3日に1回ぐらいの頻度で)アップしていく。開発中のものなので実験的な要素やバグも多分に含まれていると思われる。何かおかしくなったら、『将棋神やねうら王』をインストールしなおす覚悟のある人だけお試しいただきたい。

■ 開発中の実行ファイル

解凍すると現れる2つのファイルを『将棋神やねうら王』(Update1.3適用済み)のインストール先に上書きコピーしてください。わからない人は、こちらの説明をご覧ください。→ 『将棋神やねうら王』のアップデート手順をわかりやすく

[2018/09/06 23:30公開] MyShogi V1.14 棋譜ウインドウのフロート機能実装
[2018/09/08 00:30公開] MyShogi V1.15 棋譜ウインドウの文字サイズ変更、消一手
[2018/09/10 16:30公開] MyShogi V1.16 駒落ちの時の対局結果、対局者名の手番記号
[2018/09/12 00:50公開] MyShogi V1.17 コンピューター側1手に必ず1秒使うオプション
[2018/09/15 06:50公開] MyShogi V1.18 秒の読み上げ、対局再開/対局中断の素材追加
[2018/09/16 11:50公開] MyShogi V1.19 振り駒の実装、振り駒の素材追加
[2018/09/19 09:00公開] MyShogi V1.20 11級~20級のプリセット追加

■ 質問・要望等について

質問・要望等はコメント欄にてお願いします。なお、コメント欄はあとから読む人のために定期的にメンテナンス(削除)致します。あらかじめご了承ください。

『将棋神やねうら王』Update2までの遊戯施設” への83件のコメント

  1. やねうら王の「盤面編集」から任意の局面を作成して
    「ファイル」→「局面保存」からKIF形式で保存すると
    ファイルの種類がなぜか「柿木将棋棋譜」になります。
    (柿木将棋Ⅸも使用しています)

    • > ファイルの種類がなぜか「柿木将棋棋譜」

      これは、柿木将棋が拡張子が.KIFのものをそう関連付けしているからだと思います。本ソフトは、拡張子関連付けを一切変更しませんので。

      • 「将棋神やねうら王」から作成した棋譜ファイルですから
        ファイルの種類を「柿木将棋棋譜」→「将棋神やねうら王棋譜」
        に変更する方法はありませんか?

        • > 「将棋神やねうら王」から作成した棋譜ファイルですから

          Windowsでは何のソフトで作ったかは問題ではなく、単純に拡張子を見て判別していて、拡張子が.KIFであり、その.KIFと拡張子関連付けをしているのが、柿木将棋なので、これは、本ソフトの問題ではないです。
          拡張子との関連付けの変更については、以下のリンクを参考に。
          https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=018054

  2. V1.14,V1.15と連続で偶数の連続対局の最終局の
    終了局面をチェックしましたが相変わらず対局者の
    位置が初期化されていて先後逆に表示されています
    試しに棋譜保存してみると自動保存された最終局の
    棋譜と対局者が先後逆で同一手順の棋譜が保存され
    ました
    それと解答させた詰将棋の手順の棋譜保存方法が
    わかりません いっそのこと将棋所のようにメイン
    ウィンドで解答作業をさせた方がわかりやすくて
    ユーザーの評判がよくなるのではないでしょうか

    • > 偶数の連続対局の最終局

      そこ作業はまだです。各バージョンの作業内容はWIPのほうをご覧を。

      > 解答させた詰将棋の手順の棋譜保存方法

      これは、現状存在しないです。何らか考えます。

  3. 対局機能を使ってる人が少ないかもしれないですがいくつかコメントします。気が向きましたらご対応ください。

    ・通常対局に「先後入替」ボタンがありますが、平手戦のときは先後入替がランダムに起こる「振り駒」があるとうれしいです

    ・入玉して宣言勝ちできるときは自動で判定してくれるのですが、24点法のときには24点以上30点以下を確保したときに「持将棋引分提案」ができるといいです

    ・対局結果一覧、駒落ち戦の結果は「先手勝ち」でなく「下手勝ち」と表示できませんでしょうか

    ・対局を中断した時のエフェクトは「対局終了」でなく「対局中断」のほうが自然かなと思いました

    ・DVD-ROMを入れて再インストールするとき、「将棋神やねうら王の修復または削除のどちらかを選択してください」として出る表示の右下は「完了」でなく「次へ」のような気がします

    以上、細かくてすみません・・・。

    • 「振り駒」は用意する予定です。(ShogiGUIにあるので) DVDの再インストールの件は、修正しときます。(次のロットがあるなら) ありがとうございます。

      > 駒落ち戦の結果は「先手勝ち」でなく「下手勝ち」と表示
      は修正します(`・ω・´)b

      > 24点法のときには24点以上30点以下を確保したときに「持将棋引分提案」ができると

      思考エンジン側がプロトコル的に対応してないので、プロトコル拡張しないといけないですね…。GUI側が人間の評価値がプラスなら勝手に引き分け提案を受理するという処理にするだとか、あるいは、手数がX手超えたら引き分け提案ができる設定を用意するだとか。(GUI側が自動的に受理) 何にしても、どういう風に実装するのかという問題はあります。将棋ウォーズとか、時間切れで負けなのでこういう問題をうまく回避してますね。

      > 対局を中断した時のエフェクトは「対局終了」でなく「対局中断」のほうが自然かなと思いました
      そうですね。修正を考えます。

  4. AIの超高速の指し手について

    将棋神以外のレベルの指し手が早すぎて実用的では
    ないと思います 12段でさえ1手0.2秒以下です
    表向きの消費時間は1手1秒になっていますが‥
    激指14は実質的に1手1秒のウエイトをいれている
    ようです 対局設定で1秒から9秒の任意のウエイト
    (空白時間)の設定ができるようにしたら勝敗は
    ともかく じっくり対局を楽しめると思いますが
    どうでしょうか ( 時間無制限モードだけでも)

    • 現状、外部エンジンを追加する手段は用意していないです。将来的に対応予定には入っているのですが、ターゲット層が激指のユーザーあたりなので、すぐに必要な機能でもなくて後回しになっています。申し訳ないです…(´ω`)

        • tanuki-詰将棋エンジンのほうは、詰め手順の(詰将棋的な意味での)正確性は保証していなくて、長手数の詰将棋がなるべく短い時間で解けることを主眼においた実戦的な詰将棋エンジンなので、詰将棋界隈の人には、脊尾詰めのほうが良いというのは私は理解できますし、今後、詰将棋エンジンを改良する & 『将棋神やねうら王』で脊尾詰めを登録できるようにする というのは、やっていきます。(`・ω・´)b

          とりま、やること山積みなので、順番にやっていきますので…。

  5. やねうら王購入させていただきました。
    要望が2つあります!

    1.レーティング対局がしたい。
    激指のように対局する度、自分のレーティングが上下し、コンピュータの棋力もその時最適な段位が対戦相手として選ばれる。

    2.対局時の駒の挙動
    駒をクリックして持って、着手地点まで駒を持っていってクリックすると確定される。
    現在は指すのにちょっと難しいです。

    むずかしそうなら諦めますw

    • 1.は考えておきます。まあ、コンピューターの段位自体は選択可能なので、数回やれば「自分には読み太の三段ぐらいがちょうどいい」というのが見つかるかと思いますが。
      2. は、駒の移動元、移動先の2点タップでも、移動元から移動先へのドラッグでもどちらでも指せますが、そういう意味ではなく?

      • すみません。1.は自己満足のためです。w
        モチベーションといいましょうか?
        勝ったり負けたりで点数が上下すると面白いので。いま、自分は4段だー!って。落ちないように頑張ろう!ってw

        重ねてすみません。2.は激指の挙動とちがった気がしまして。家に帰って夜にもいっかい確認してみます!

        • わかりました。1.はすぐに実現は難しいですが、将来的に何らか考えています(`・ω・´)b

          2.は、駒を持ち上げるようには表示されないですが(これは、今後タブレット端末が増えてくると予想されるので、マウスカーソルが存在することを前提とした挙動にはしたくないと考えたため)、ちゃんと移動元と移動先の2点タップ(2点クリック)で移動できますので…。

          • 1.ありがとうございます!
            2.タブレットの為ですか!慣れの問題ですので、こちらも大丈夫です。

            お忙しいのに、超迅速なご返信感謝いたします。
            今夜もボコボコに負けて落ち込みますw

  6. 将来的で構いませんので、評価値についてですが、
    評価値+???点ではなく、
    ①駒の損得 +???点
    ②玉の堅さ -???点
    ③駒の働き +???点
    ④手番 +???点
    などのように評価項目を別々に表示させることは、技術的に可能なのでしょうか?

    • その程度であれば現在の技術で十分可能でしょうね…。もう少し細かく分類して、数値化してくれたほうが嬉しい気はしますけども。

      • よくプロの解説で出てくる、「先手は駒得してるけど、玉の堅さが後手の主張!!」みたいなのを数値で表すことができれば、プロの大局観を視覚化できて勉強になると思いました。細かく分類できれば、いいんですが私に思いついたのが、その4つだけでした。(T_T)

  7. エフェクトのオンオフ切り替え機能が欲しいです。個人的にエフェクトなしでサクサク進むのが気に入ってました。
    あと、アップデートしてからマウスで駒をクリックする動作が不安定になりました。何度もクリックしないと反応しなかったり、1回のクリックで駒の持ち上げ下げが連続する、といった動作が頻繁に起きるようになりました。アップデート前はこういった症状はありませんでしたので、修正していただけると大変ありがたいです。

    • > エフェクトのオンオフ切り替え機能が欲しいです。個人的にエフェクトなしでサクサク進むのが気に入ってました。

      なるほど…考えておきます(`・ω・´)ゞ

      > あと、アップデートしてからマウスで駒をクリックする動作が不安定になりました。

      アップデートはUpdate1.3のことでしょうか。マウスクリックのときに微小移動があると2点クリック(2回クリックした扱い)になっているからだと思います。
      V1.14でそこ修正が入っているので良かったら現在最新のもの(V1.17)をお試しいただけますでしょうか。

  8. 将棋神やねうら王は初日にダウンロード版を購入して以来
     v1.17 までのアップデートしましたが、次の点で大変使いやすくなりました。
    1.棋譜windowの表示位置が自由度が高くなり、見やすくなった。
    2.「コンピュータは1手に必ずこれだけ使う」の設定が追加され、とても対局がしやすくなり
      またCPU同士の対局も臨場感をもって観戦でき、大変ありがたい機能です。
      現実的には、1手[2500ms]が実用的で、多くのユーザーが対局時に使いやすくなると思われます。

    ところで、対局画面に表示されている[対局者名]ですが、対局者がコンピュータの場合、
    名前のところが、エンジン名だけ自動的に入力されます。
    たとえば、私が、[tanuki- SDT5]の[12段]に2枚落ちで,対局した場合、
    対局画面に表示されている、対局者名は[tanuki- SDT5]とだけしか、表示されません。よろしければ、
    対局者名もしくはその下部あたりに[tanuki- SDT5][12段]-[2枚落ち]即ち「エンジン名、レベル、駒落ち設定」が表示されるよう、していただけないでしょうか?
    もちろん。手動で入力すれば、可能なのですが、対局するたびに、毎回入力するのは面倒です。

    それと、1手ごとに赤の[手番]という文字が移動して、対局者名の一部を隠してしまうのは見にくいです。
    提案ですが、ここは、対局者名にかぶらないように、たとえば、対局者名自体を赤表示で交互の移動するとか——。

    • > エンジン名、レベル、駒落ち設定
      考えておきます(`・ω・´)b

      > 対局者名にかぶらないように、たとえば、対局者名自体を赤表示で交互の移動するとか

      うーむ、なるほどです。

  9. こんにちは。
    棋譜ファイル名ですが、
    名前_名前_駒割設定_対局結果
    (先手勝ち・後手勝ち・中断・千日手・時将棋など)を入れてほしいです。

    対局テストとかしてて中断ファイルがどんどんたまるので、見つけやすく削除しやすいかなと。

    それと、対局結果一覧の画面で全クリアでなく、1つづつ削除出来たらと思います。その時に棋譜も消せれば尚いいです。

    • > 対局テストとかしてて中断ファイルがどんどんたまるので、見つけやすく削除しやすいかなと。

      これは、対応します(`・ω・´)b

      > それと、対局結果一覧の画面で全クリアでなく、1つづつ削除出来たらと思います。その時に棋譜も消せれば尚いいです。

      一つずつ削除を実装すると多重起動するとき(編集して書き出しているときに、同時に結果の書き出しとかで)わりとまずいことになるので考えときます。(´ω`)

  10. 1手1秒以上のウエイトを入れるオプションについて

    最高レベルと持ち時間設定対局には上記オプションは
    不必要な気がします 自動的に時間無制限モードに
    切り替わるようにする手もあります それをしても
    最高レベル以外は超高速の早指しですから特に
    問題はないと思います
    それと上記オプションにチェックBOXを付けて
    ON/OFFが簡単にできるように出来たら助かります

    • > 最高レベルと持ち時間設定対局には上記オプションは不必要な気がします

      詰みを読み切ると即指しになるのでそれが気に入らない人もいるようでして…。

      > それと上記オプションにチェックBOXを付けて

      これは対応します(`・ω・´)b

    • 確かに、人間対コンピュータ戦では、この機能がなくてもよい。コンピュータ対コンピュータ戦はやってみればわかるが、序盤と終盤は、あまりの早指しで、見ていて面白くなかった。棋譜だけが必要な特殊なひとにはわからんだろうけと。この機能は、絶対に必要です。どうしてもいやな人のためには、チェックのon offを作ってやればいいのでしょうが。

      • > 人間対コンピュータ戦では、この機能がなくてもよい。

        コンピューターがノータイム指しをするとそれに釣られて人間側がよく考えられないという調査があるらしくて、まあ、コンピューター vs 人間の対局でもコンピューターにノータイム指しして欲しくない人は一定数いるのかなぁという感じでございます。

        http://syougi.qinoa.com/ja/report/exp-delay/

  11. 質問1 対局が始まる前に「思考エンジンを初期中」となるのは
    5つの思考エンジンが入っているソフトだからですか?

    質問2 対局の設定をして「対局開始」ボタンを押すと以下の警告が出ます。
    (PC環境 メインメモリ 標準容量/最大容量  4GB/16GB)

    警告『エンジンの動作のために、物理メモリが95MB足りません。
    空き物理メモリが足らないので思考エンジンの動作が
    不安定になる可能性があります』

    思考エンジンの動作が不安定になると棋力は落ちますか?
    その他にどんな影響がありますか?

    • 質問1.の意図がよくわからないのですが、対局開始時に思考エンジンをバックグラウンドで起動して、対局終了時には思考エンジンを終了させています。ShogiGUIや将棋所でもこういう動作になっています。エンジンが1つ固定であれば、ずっと起動しておくことは出来なくはないのでしょうけども…(激指とかそうなっている?)

      質問2は、メモリが足りないと思考エンジンが使うメモリが確保できなくて、そもそも動作しない場合があります。95MB程度でしたら、OSが他のプログラムを退避させるなり何なりして空けてくれるので普通は正常に動くとは思いますけども。あと一度調べた局面の情報を保存しておくメモリ(HASH)を最低限しか確保できないので、メモリが潤沢にある環境に比べると多少棋力は下がります。

  12. 上に書いておられますが、
    >現実的には、1手[2500ms]が実用的で、多くのユーザーが対局時に使いやすくなると思われます。

    2500msは本当いいです♪
    後は棋譜を再現する時のauto機能があるといいと思います。再生時間は上記2500msで。

  13. 続 1手1秒以上のウエイトを入れるオプションについて
    時間設定の枠を少し広げて1番下の段に表示する方法
    もあると思います 設定表示も専門的なmsではなく
    0.0秒の初期表示の方が初心者の方にはわかりやすい
    と思いますがどうでしょうか 

    • > 設定表示も専門的なmsではなく

      まあ、エンジンの詳細設定で[ms]という単位自体は出てきますし、2500(2.5秒)がいい感じらしいので、秒の下の単位([ms])にせざるを得ないような…。

  14. 将棋神やねうら王のウィンドウが非アクティブの状態で操作をしても(例えば一手進むボタンを押しても)一発で反応せず、まず将棋神やねうら王ウィンドウがそれでアクティブになり、もう一度操作をすると(一手進むボタンを押すと)反応する状態なのですが、一発で操作が有効になるように改善してほしいです。

    • あー、ボタンがたまに反応しないと思ってたら、ToolStripはアクティブじゃないからなんですね!気づいてませんでした。次バージョンで修正します。(`・ω・´)b

      有益なアドバイス、本当にありがとうございます。ググったらいっぱい出てきました。> この問題

  15. やねうら王、バージョンアップするたびに、対局しやすくなっています。
    あと、将棋ソフトとしての格調を高くするために、詰みの最後まで指さないで、投了させることも必要かも知れません。
    その際、水平線効果が現れる直前または直後に投了させることになると思います。

    コンピュータはさいごまで指さないモードを、チェックボックスで選ばせるようにされたらいかがでしょうか。

  16. 開発お疲れ様です。

    ShogiGUIでは盤面にマウスカーソルを置いてホイールすることにより、棋譜に沿って盤面を進ませたり戻ったりすることができたのですが、それをこちらのソフトにも実装して下さると嬉しいです。

    • すみません、追加で要望を書きます。

      ・棋譜解析機能の実装(一致率や悪手率の表示・連続解析も)

      お忙しいところ恐縮です。

    • ホイールのついてるマウス持ってないので放置してたんですけど、よく考えたら、タッチパッド、2本指で上下させたのがホイールのエミュレーションでした(´ω`)
      あとで実装しときます。

    • > ShogiGUIでは盤面にマウスカーソルを置いてホイールすることにより

      ShogiGUIを確認してみましたが、盤面にfocusがあるときのみの挙動なので、これ使いやすいのかどうか私にはよくわかりません。一応、『将棋神やねうら王』のV1.2.0で実装しておきましたが、不評だったら戻すかも知れません。

  17. 2週間ほど使用してみて、気になった点が2つあります。
    1つ目は前にもご指摘があったと思いますが、検討ウィンドウについているミニ盤面は別ウィンドウに表示できるようにしてほしいです。
    私が検討する時の項目はR、評価値、読み筋のみ(候補手5手)ですが、検討ウィンドウを大きくリサイズすると、候補手下の空白が非常に気になります。
    また、読み筋の表示を少なくした時に、盤面右に無駄な空白ができることも気になります。
    検討用の盤面があるのは非常に気に入っているのですが…
    激指14のような検討ウィンドウがコンパクトで見やすいと思います。
    2つ目は、読み上げの竹俣さんの「上がる」の音質が他のと比べ悪いので、再録をお願いしたいです。
    以上、よろしくお願いします。

    • > ミニ盤面は別ウィンドウに表示できるようにしてほしいです。

      これは対応予定にあります。

      > 2つ目は、読み上げの竹俣さんの「上がる」の音質が他のと比べ悪いので、再録をお願いしたいです。

      これ、激指14の音声素材そのままで、「上がる」だけ撮り忘れ&別撮り(宅録?)なので、こうなっているらしいです。「上がる」に限らず録音の質にムラがあるのは私も気になっているところではありますが、大変申し訳無いのですが、これに関しては現状どうしようもないです。来年の発売(『将棋神やねうら王2』?)があるなら私が収録に立会いのもと、音声は全部取り直し+大幅追加+3人分ぐらい収録したいと考えています。

  18. 迅速なアップデート感謝です。とても使いやすくなりました。
    さて、また一つ要望があります。コメントはざっと見たつもりですが、被っていたらすみません。

    「一手進む」等での棋譜のスクロール時、棋譜ウィンドウの表示領域の一番下まで選択行が来てしまうと、次の数手が目視で確認出来なくなってしまうので、KifuForWindowsや柿木将棋のように、常に3手先くらいまでは確認できるようにスクロールされてほしいです。
    最後の手まで進んだ時だけ選択行が一番下に来ればよいと思います。これが改善されると棋譜がかなり見やすくなると思います。

    • > 常に3手先くらいまでは確認できるようにスクロール

      おお、なるほど!スーパーマリオのような横スクロール型のゲームでよくあるやつですね…。

  19. 持ち時間設定について

    せっかく秒まで持ち時間設定できるのだから
    0.1秒単位まで設定出来るようにしたら強さを
    測るためのサンプル対局に使えると思います
    実際に1手0.9秒とか0.5秒等でエンジン同士の
    連続対局をされている方がおられるようなので
    需要はあると思います
    最高レベルは消費時間を正確に刻んでいるよう
    なのでこれを使えば実用になると思いますが‥

    • それは、以下の理由により、私は要らないと考えてます。
      1) エンジン側とGUIとの往復に0.3秒ぐらいかかりかねないので正確な計測は出来ない。
      2) 短時間での対局の勝敗を見ることに意味があるとは私自身考えていない。
      3) 現在、計測秒は秒未満切り捨てで、この計算が変わってくるのでそのオン/オフをするオプションが必要になったり、持ち時間、秒読み、秒加算すべてに[ms]のテキストボックスが追加になるので、UIの見た目が複雑になる。
      4) 現状でもNetworkDelayの値を調整すれば(例えば700に設定すれば1手0.3秒)、擬似的にそれは実現できる。

  20. 棋譜保存→棋譜読込で保存した対局者名が表示されないのは仕様でしょうか?
    プロの棋戦のファイルを張り付けても同様です。改善予定であればすみません。

    • 漢字一文字のショートカットの並びで「再」が欲しいですね。
      これを押すと今の設定情報を引き継いで対局再開出来る機能です(中断時あるいは検討時に押せる)。

      私は主に研究目的で使用していますが、一番繰り返し操作する手順は、「中断⇒検討モード⇒対局再開」です。中断⇒検討モードはまあ今のままで良いとして、検討モード⇒対局再開の時、終→対局(P)→通常対局→対局開始の操作はショートカット一つで実現できたらかなり便利だと思います。終→Ctrl+N→対局開始でも同様に可能ですが、Ctrl+Nは何度も操作するキーとしては指が遠い組み合わせですし、これでもスリーステップです。「再」を押して直ぐに再開できたらかなり楽です。何なら終→Ctrl+N(非検討時なら単にCtrl+N)のショートカット(例えば「新」とか)があっても皆さんかなり使われるのではないでしょうか。

      (今のバージョンの仕様だと検討モードを終了しないで通常対局から対局開始すると思考エンジンが空になるので、それが改善されたら「終→」のステップは必要無くなりますが)

      漢字ショートカットが多すぎると分かりづらいという事だったら、個人的には「本」「急」は一度も使った事がないので無くても困らないですが、ユーザーによるとは思うので、表示の有無を設定出来るようにするのもアリかと思います。

      それでは検討をお願い致します。

      • 再開自体は追加しようと思っているのですが、いまの残り時間が反映されたほうが嬉しいので、そのへんを考えると実装するの結構手間なので後回しになっています。そのうちつけますので、そのままお待ちを…。ショートカットボタン、柿木将棋のように編集できるようにしようかと思ってはいますが、これも結構手間なので後回しになっています。

  21. 『宮本定跡』の作者です。
    『将棋神』のマニアックな設定ができることに感服いたしました。
    ここまでやるなら『Bonanza』や『柿木将棋』の定跡ファイルも使えるように
    していただけないものでしょうか?

    • > ここまでやるなら『Bonanza』や『柿木将棋』の定跡ファイルも使えるように

      コンバーター作って変換できるようにしてしまうのがいいんでしょうね…。
      定跡編集機能自体、現時点ではつけていないので定跡編集まわりを整備するときに考えます。

  22. お疲れ様です。
    初期局面以外の任意の局面から連続対局を行うことは可能でしょうか。もし実装してないのでしたらご検討頂けると助かります。
    定跡は更新されるので初期局面を任意で複数登録して選択できたりすると面白いかも知れません。
    連続対局がウリの一つなので実装されれば
    連続対局が更にいきてくると思います。

    • > 初期局面以外の任意の局面から連続対局

      出来ますが、同じような進行になりがちなので(下手すると全部が同一棋譜になりかねない)、あまり意味があるとも思いません。
      初期局面の複数登録は面白いのですが、いまのUIに乗っけると複雑になるので、これは蠱毒という別の機能の一部として実現する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です